大阪の交通事故なら弁護士に相談で慰謝料アップ

subpage01

大阪には交通事故の示談交渉・損害賠償請求を専門にサポートしている弁護士の先生がいます。



日本の法律は、交通事故の被害者に被った損害について相手に賠償請求をする権利を認めています。

賠償請求できる項目のひとつに慰謝料があります。

毎日新聞が最近こちらで話題になっています。

慰謝料というのは、被害者が精神的に被った苦痛に対して支払われる賠償金のことです。


この慰謝料には、他の賠償金にはない特質があります。



それは、精神的苦痛という性質により個人差という問題を伴うことです。
そこで同じような交通事故なのに金額が大きく異なるという不公平をなくすべく、交通事故の慰謝料には算定のための基準があります。
しかし基準はひとつではなく、自賠責保険・任意保険・弁護士と3つの基準がありどの基準で計算するかで慰謝料の金額は大きく変わってしまいます。

慰謝料が一番高額に計算されるのは、裁判基準とも呼ばれる弁護士基準です。
実際の慰謝料は相手の保険会社との示談交渉で決定しますが、相手からは自賠責保険基準の安い慰謝料を提示される可能性がありますから注意を要します。

裁判基準で慰謝料が高額に計算されるのは、裁判の判例を参考にしていること、物価や賃金などを加味するための基準の改訂を定期的に行っていることによります。

大阪で交通事故の被害者になってしまったら、正当な慰謝料を受け取るためには交通事故弁護士への相談が必須です。

大阪の交通事故弁護士は、相手の保険会社から安い基準で慰謝料の見積りを提示されても裁判基準で再交渉、被害者が受け取る慰謝料額の引き上げに尽力してくれるはずです。