後遺障害等級の認定結果を大阪の交通事故弁護士に相談

subpage01

大阪には交通事故問題が得意な弁護士がいます。



交通事故に遭ってケガをしてしまうと、そのケガの治療がひと段落しても症状が固定的に残ってしまうケースがあります。その症状が回復する見込みのないもので、またそれによって要介護など生活に影響したり、あるいは労働能力が低減するなど支障が出ると後遺障害として認定されます。


後遺障害に認定されると、等級という数字が決まります。

等級は障害の内容や程度を示すものです。

後遺障害が残ってしまうケースでは障害慰謝料や将来にわたって失う収入を逸失利益として損害賠償請求できます。

そして、後遺障害関連の損害賠償請求では、認定された等級が基本となり金額が決まる仕組みです。後遺障害の等級認定は、自賠責保険の審査会に申請します。


申請は、相手の保険会社に全て委託する事前認定と被害者が自分で手続きをする被害者請求とふた通りの方法があります。


事前認定では被害者は何もすることがないので楽ですが、申請内容を知ることができないので認定結果の等級に不透明が残ることもあります。

朝日新聞デジタルの詳細情報を掲載しています。

後遺障害の等級はその後の示談交渉の中で賠償金を左右する要素なので、被害者請求で内容をしっかり把握しておくのが安心です。



大阪の交通事故弁護士は、後遺障害等級認定の被害者請求を親身にサポートしています。

大阪の交通事故弁護士は、等級決定に関わる医学的な知識も豊富です。

また大阪の交通事故弁護士は、既に認定された等級の結果についても、不服があれば再申請の手続きをしてくれます。