大阪で弁護士基準の交通事故慰謝料を請求する

subpage01

大阪には交通事故問題が得意な弁護士の先生がいて、事故の被害者になってしまった方の味方として示談交渉をサポートまた代行しています。交通事故の被害者は、いろいろな面で多大な損害を受けます。

その中で忘れてならないのが、精神的に受ける苦痛です。



被害者は、被った損害において相手に対し損害賠償請求できます。

賠償請求する項目の中に、慰謝料として精神的に被った苦痛に対する賠償金があります。

ロケットニュース24の詳細情報を掲載しています。

慰謝料には、その他の賠償金にはない特質があります。

それは、精神的な苦痛ということから、実費が基本の治療費や基礎収入で計算する休業損害とは異なり、個人差という問題があることです。

個人差により同じような交通事故であっても慰謝料の額に大きな差が出ることがないよう、交通事故の慰謝料には計算基準があります。
しかしこの慰謝料計算の基準は3つあります。
それは自賠責基準・任意保険基準・裁判基準で、自賠責基準では安く裁判基準では高額に慰謝料計算され、どの基準を使うかで慰謝料額は変わってしまいます。慰謝料は相手の保険会社との示談交渉で決定しますが、保険会社は安い自賠責基準の慰謝料を提案する傾向にありますから要注意です。大阪で交通事故に巻き込まれてしまったら、交通事故が得意な弁護士への相談が不可欠です。
大阪の交通事故弁護士は、相手から安い基準の慰謝料わ提示されても裁判基準で計算をし直して増額の交渉を進めます。



大阪で交通事故に遭ってしまったら、交通事故弁護士に相談することで慰謝料の増額が可能です。