大阪の交通事故弁護士に後遺障害等級申請の相談

subpage01

大阪には交通事故専門の弁護士の先生がいて、被害者になってしまった相談者に丁寧なアドバイスをしたり相手の保険会社との示談交渉を代行しています。

交通事故に遭いケガをすると、そのケガの治療が終わっても症状が残ることがあります。その症状が固定的で回復の見込みが持てず、また生活や労働に支障が出ると後遺障害として認定されます。
後遺障害として認められると、ケガで入通院をした傷害分の慰謝料とは別に後遺障害分の慰謝料も請求できます。

また障害により労働能力が低下することで、将来にわたり減ってしまう収入を逸失利益として賠償請求できます。



後遺障害には等級があり、数字で障害の内容を示します。

goo ニュース情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

そして、後遺障害慰謝料や逸失利益はこの等級をベースに算出される仕組みです。



後遺障害が残ってしまったら、自賠責保険の審査会に等級認定申請をします。


申請は、加害者の保険会社に任せる事前認定と被害者が自分で行う被害者請求とふたつの方法があります。

後遺障害の等級は慰謝料など賠償金の額を左右するので、加害者の保険会社に任せてしまわずに被害者請求するのが安心です。

大阪の交通事故弁護士は、後遺障害等級認定の被害者請求についても親身にサポートをしています。

後遺障害等級の認定申請は症状が固定してからが原則ですが、症状固定前の治療中から弁護士相談していれば、申請に役立つアドバイスももらえて安心です。

大阪の交通事故弁護士は、後遺障害等級の申請に必要な医学的な知識も豊富に持っています。